長距離患者搬送

ケガや病気の方をフェリーで搬送する

ケガや病気の方を「フェリー」で搬送する

首都圏は東京から徳島経由北九州と茨城県大洗から北海道に向けた2航路、名古屋からは仙台経由苫小牧東までの1航路、大阪・神戸からは九州方面に7航路。日本海側には舞鶴、敦賀、新潟、秋田、小樽を結ぶ航路が4航路。合計14の長距離フェリーの航路があります
 
 
 
 

フェリー搬送は、患者の容態が安定している場合オススメ

長距離患者搬送でコストが安いのは、フェリー搬送となります。 フェリーはホテルの様な一等寝台部屋があり、プライベートも保てます。デメリットはやはり時間がかかることでしょう。患者の容態が、急変の可能性がある場合などは、海上移送となりますので、柔軟さに欠けてしまいます。

フェリーの客室はまるでホテル

フェリー患者搬送

フェリーの客室はホテルの様な仕様に成っているので、落ち着いて医療処置などが行えます。緊急性を要さない患者様の搬送にはユッタリ目的地まで向かう事ができ、病室以上の落ち着きがあるでしょう

車椅子での乗船はサポートがあり、楽々乗船できる

事前に申し込みをしておけば、車椅子での乗船をフェリー会社スタッフがサポートしてくれます。船着場よりフェリーのお部屋まで、楽々移動で特に苦になることはないでしょう。

ストレッチャーで乗船の場合は事前打ち合わせが必要

船内のエレベーターや、客室への通路幅など制限があり、基本的にストレッチャーでの乗船は無理があります。(要航路会社へ確認)リクラインイング式の車椅子に乗り換えて乗船するか、どうしても座位が取れない患者さまは、スクープストレッチャーという機材を使用して乗船する案が良いでしょう

客室までの短時間の移動なので、短時間の座位が取れる方は、車椅子乗り換えが一番スムーズです。

長距離を移動するフェリー搬送は「連携搬送」が基本

出発地と到着地の距離があるフェリー航路搬送は、

出発地の「民間救急事業者で乗船まで」

到着地の「民間救急事業者で下船〜目的地まで」

といったように民間救急事業者の連携搬送で費用を抑えることができます。

付き添い案内に搬送スタッフが同乗することが、トラブル回避に望ましいと思います。
また、患者の容態見守りなどのバイタルチェックや、医療処置など、看護師の同乗も手配されると、より安心、安全にご家族を目的地まで搬送することができるでしょう。

オススメ民間救急事業者の紹介

当サイトは東京都の民間救急事業者を独自に調査し、車内装備や担当ドライバー乗務員の品質などを見極めご紹介しています。
東京都出発〜全国 全国〜東京都着、の長距離患者移送など、適正費用で高品質な事業者を数社ご紹介いたします。



関連記事

  1. 老人ホーム転設

    遠距離介護の解消 近くの老人ホームへ転設

  2. 東京の病院から京都の病院まで民間救急車で転院

    東京の病院から京都の病院まで民間救急車で転院

  3. 民間救急車搬送

    寝たきり病人長距離搬送 重篤患者を民間救急車で移送する

  4. 新幹線 車椅子、ケガや病人、搬送

    新幹線「多目的室」ケガや病気の方が利用や搬送する方法など

  5. 飛行機、ストレッチャー、搬送

    ケガや病気の方を【車椅子】で飛行機に乗せるには?軽傷者の飛行機の利用方…

  6. 新幹線ストレッチャー 送迎

    車椅子や寝台での駅送迎/長距離移動の業者手配ハンドリングサービス

PAGE TOP
翻訳Translate »