blog

「看取り」寝たきりの方の外出 在宅介護 支援 民間救急事業所

終末期患者「理想の最期」在宅看取り支援は民間救急へ

在宅看取りとは、医師が回復の見込がないと判断した終末期の患者に対して、人生の最期の時までその人らしさを維持できるように、ご利用者やご家族の意思を尊重して、ご自宅で看取りをする場合

「自宅での看取り」どのように備えればいいの?

「自宅での看取り」どのように備えればいいの?厚生労働省の調査によると、自宅で最期を迎えたいという人は、7割もいる。医療や介護の必要度合いにもよるが、多くの人が自宅で看取られたいと希望していながら、現実的には、施設や医療機関になってしまうというのが現在の状況のようです。

本人が自宅で最期を迎えたいと思っていても・・・

「本人が自宅で最期を迎えたいと思っていても、実際に容態が急変すると、家族はパニックになってしまうもの。例えば呼吸で苦しがっている様子を見かねて家族が救急車を呼んでしまい、結果的に医療施設でお亡くなりになるというケースも多いんです

在宅看取りには本人と家族、医師、看護師の連携が重要

在宅看取りには本人と家族、医師、看護師の連携が重要です。では、自宅で看取られたい、自宅で看取りたい場合は、どのような準備が必要なのか。

本人の意思と家族の希望を確認したうえで、患者さんが終末期であることを医師が診断する必要

在宅医療は家族だけのケアや介護は難しいので、往診を行う医師、訪問看護を行う看護師、さらにケアマネージャーなどの介護者と連携して備える必要があります。

健康なうちに「理想の最期」を思い描こう

寝たきりの人の外出

健康なうちに「理想の最期」を思い描いておきましょう。自宅での看取りは、現在、厚生労働省も推進しており、在宅患者を看取った場合、診療報酬が加算されるように改訂され、医療関係者でも取り組むところが増えてきています。

人生の最後は自宅で

「看取り」寝たきりの方の外出 在宅介護 支援 民間救急事業所

「”今は病院で死ぬもの”という考え方」確かに病院にいれば、点滴や胃ろう、人工呼吸器などの必要な医療機器をつけて、延命はできるでしょう。ただし、それは本人が納得できる生き方かといえば別の話です

一度でも,数時間でも、一時帰宅で自宅へ連れて帰りたい

「看取り」民間救急事業者

「終末期患者を持つ家族の思い」病院で寝たきりの状態でも民間救急事業者へ依頼すると対応してくれます。ストレッチャーを用意して、病院のベットから寝たきりの状態で自宅まで、数時間過ごし病院へ戻るといったサービス

民間救急事業者の看護師の短時間派遣

そのような終末期患者の移送には、いざという時のために、看護師の見守りが必要です。民間救急事業者は短時間の看護師派遣を行ってくれ(有料)特別な要望にも答えてくれます。

民間救急は終末期患者の移動にも対応

患者搬送のプロ民間救急事業者は終末期患者の対応でも信頼できます。車両やストレッチャーには医療用酸素や、吸引機、中には呼吸器や医療モニターを装備し、病院のベットさながらの状態で移動することが可能です。

 

民間救急事業者の一時帰宅にかかる費用は?

「看取り」民間救急事業者

民間救急事業者での一時帰宅にかかる費用は、

車両代 概ね1時間あたり5000円X所用時間
+ストレッチャー等の貸出機材料&介助料 +¥6000
医療用酸素や医療用モニター等の機器貸出料(様態による)

約2〜3時間で4〜5万円程度かかるのが一般的です。

短時間の看護師の派遣料はいくら?

東京都での看護師の短時間派遣料は

概ね1時間あたり6~8,000円程度が相場です

民間救急事業者によって価格設定が違いますので、幾つかの事業所へ問い合わせすることで、費用負担を少なく抑えることができます。参考にしてください。

最後に

「看取り」寝たきりの方の外出 在宅介護 支援 民間救急事業所

「看取り」いつかは迎える人生の最後 終末期に対応する家族の考え方は様々だと思いますが、悔いのない家族の看取りを元気なうちに考えておくことをオススメいたします。人生の大きなイベントの一つ、大切な家族の旅立ちを後悔しないで送り出してあげましょう

オススメ民間救急事業者の紹介

当サイトは東京都の民間救急事業者を独自に調査し、車内装備や担当ドライバー乗務員の品質などを見極めご紹介しています。
東京都出発〜全国 全国〜東京都着、の長距離患者移送など、適正費用で高品質な事業者を数社ご紹介いたします。



関連記事

  1. 救急の帰り

    増え続ける救急車の要望 救急出場件数が過去最多

  2. 看護サマリー

    現役看護師が語る 看護サマリーに描かれている真実

  3. 寝たきりの人の外出

    寝たきりの人の外出支援 寝たきり在宅介護の方の外出は民間救急事業者へ依…

  4. 東京の病院から京都の病院まで民間救急車で転院

    東京の病院から京都の病院まで民間救急車で転院

  5. 山口看護師

    現役看護師が民間救急に同乗して感じた事

  6. 特別養護老人ホームなど介護施設において民間救急をうまく活用する方法

    特別養護老人ホームなど介護施設において民間救急をうまく活用する方法

PAGE TOP
翻訳Translate »