blog

救急の帰り

増え続ける救急車の要望 救急出場件数が過去最多

増え続ける救急車の要望 救急出場件数が過去最多

平成28年中の東京消防庁救急隊の出場件数は777,382件で過去最高を記録しました(昨年比+17,580件)。また、救急搬送された方のうち初診医師により軽症(軽易で入院を要さない)と判断された割合は54.9%で半数以上を占めています。救急需要は、高齢化の進展、疾病構造の変化や都民ニーズの多様化などにより年々増加の一途をたどっています。特に高齢化の影響は大きく、搬送された方を年代別で比較すると、75歳以上の割合が全搬送人員691,423人の3分の1以上(35.6%)を占め、今後も高齢化が進むにつれて増えるものと思われます。

東京消防庁活動状況
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/ts/ems/page01.html

民間事業者による救急活動、患者支援活動を行うを「民間救急」と言います。

民間救急事業者の活動は、有料にて患者等の搬送、移送を行うプロ集団で、医師や看護師などが同乗して医療行為を行いながら病院を転院したり、ご自宅で看取りなどの要望にも答えてくれます。また、救護活動なども行う事業所もあり、東京マラソン、コンサート等の救護支援待機車両としても活動しています。当サイトでは、東京23区の民間救急事業所を紹介しており、転院や要請を行う場合の参考にしていただれば幸いです。

民間救急事業者の車両はさまざま 1BOX〜ミニバンなど

特に規定のない民間救急事業所は有料サービスなので、各事業所によって様々な車両を所有しています。救急者と同様の1BOXタイプや、高級ミニバンタイプなど。移動距離や、目的に合わせて選んでみるのも良いでしょう

オススメ民間救急事業者の紹介

当サイトは東京都の民間救急事業者を独自に調査し、車内装備や担当ドライバー乗務員の品質などを見極めご紹介しています。
東京都出発〜全国 全国〜東京都着、の長距離患者移送など、適正費用で高品質な事業者を数社ご紹介いたします。

ご相談、お問い合わせはLINEにて承っております。

病人や、寝たきりの人の移送、転院などの患者搬送についてご質問は、お気軽にメッセージでお問い合わせください。

友だち追加

関連記事

  1. 飛行機 病人、寝たきり 搬送

    飛行機のストレッチャーで移動する

  2. 特別養護老人ホームなど介護施設において民間救急をうまく活用する方法

    特別養護老人ホームなど介護施設において民間救急をうまく活用する方法

  3. 東京の病院から京都の病院まで民間救急車で転院

    東京の病院から京都の病院まで民間救急車で転院

  4. 寝たきりの人の外出

    寝たきりの人の外出支援 寝たきり在宅介護の方の外出は民間救急事業者へ依…

  5. 民間救急と介護タクシーの違い

    民間救急と介護タクシーは何が違うの?

  6. 老人ホーム転設

    遠距離介護の解消 近くの老人ホームへ転設

PAGE TOP
翻訳Translate »