24時間対応業者

24時間、深夜も対応してくれる介護タクシー/民間救急業者

深夜も対応可能な事業者一覧はこちら

深夜OKの介護タクシー・民間救急

救急車で運ばれ、夜間・休日の診療が終わってその後の帰り

救急の帰り

救急車で病院へ行った時、夜間・休日の診療が終わって「処置が終わりましたので、お帰りください」と言われてしまう事もシバシバ。なぜかというと、救急車で運ばれる患者様の約50%が軽症患者であるという実態です。救急車を受け入れている病院の対応も忙しいのが現状。また、夜間、休日は、専門医不在のときもあり、充分な検査ができないので、軽症の場合は応急処置などがメインの治療となり、診療時間内の診察を勧められます。

民間救急、介護タクシーは病院のベット〜自宅のベットへ送る事業者です

民間救急、介護タクシー

民間救急、介護タクシーは、タクシー業務としてお客様を目的地まで送るだけでなく、お客様の自宅のベッドからタクシーまでの乗車のサポート、降車後の移動のサポートなども職務に含まれています

 

深夜も対応可能な事業者一覧はこちら

深夜OKの介護タクシー・民間救急

動けない方は、車椅子やストレッチャーでの搬送を対応してくれる

車椅子、ストレッチャー搬送

病院のベット〜お客様の自宅のベッドまでの乗車のサポート、降車後の移動のサポートなども特殊な訓練を受けて業務を行っていますので、ご自宅がバリヤフリーでなくても対応してくれます。

民間救急の料金、費用について

各事業所により独自の価格設定を設けているようなので、利用前に概算料金を伺ってから依頼するようにしましょう。確認しないで依頼をして、後から法外な料金を請求された!というケースもよくあるようです。

民間救急、介護タクシーは高齢化社会の強い味方に

うまく理解して民間救急、介護タクシーを使うと、ご家族にとっても強い味方になります。夜間救急外来で診療が終わった後など、対応業者があまりにも少ないのが現状です。「帰れと言われても帰れない」と病院側にクレームを言う方のお気持ちも理解できます。そんな時は民間救急業者の利用がメリットになりますので、信頼できる業者を探してください。

 

深夜も対応可能な事業者一覧はこちら

深夜OKの介護タクシー・民間救急

 

 

 

夜間・休日の診療について救急医療にみなさんのご協力を!!

救急センター、夜間、休日診療は”救急の時”に利用しましよう。救急車受け入れの病院で行っている救命救急センター、夜間診療は緊急の重症患者さんのためです。軽い病気や小さなケガでも、救命救急センターや夜間病院で治療を受けられる方が多くなっていますが、一晩安静にして家庭で様子を見た方が良いと思われるケースが50%程度となっています。※救急関係者

救急車の適正利用に引き続きご協力を!

東京消防庁救急隊の出場件数は 785,240件  毎年過去最多を記録東京消防庁では、増大する救急需要に適切に対応していくため、救急車の増 強整備を図るとともに救急車の適正利用、「#7119」救急相談センター・東京版救急受診ガイドの活用を呼びかけています。

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-kyuuimuka/guide/05bm/index.html

「#7119」救急相談センター・東京版救急受診ガイド

 
 

FEATURED POSTS

  1. blog

    山口看護師
    現役看護師が民間救急に同乗して感じた事…
  2. 長距離患者搬送

    ケガや病気の方を航空機で搬送する
    飛行機で寝たきりの人や病人、傷病者を搬送するには?…
  3. 長距離患者搬送

    新幹線 車椅子、ケガや病人、搬送
    新幹線「多目的室」ケガや病気の方が利用や搬送する方法など…
  4. 24時間受付

    救急外来の看護師の仕事や、救急に来る患者さまの特徴など、現役…
PAGE TOP
翻訳Translate »