blog

寝たきりの人の外出

寝たきりの人の外出支援 寝たきり在宅介護の方の外出は民間救急事業者へ依頼する事で容易に  

在宅介護で「外に出る」ことのサポートを民間救急では行っています。民間救急で外出支援をしてきた私の経験も交えながら、寝たきりの方の外出についてご紹介します。

寝たきりだからといって外出をあきらめないで

寝たきりだからといって外出をあきらめないで、要介護度の高い方や、医療依存度が高い方を介護しているご家庭では、「外出はできない」と思い込んでいるケースが多く見られます。「動けないから」「人工呼吸器だから」といった傷病上の理由や、「玄関や廊下が狭くて、車いすやストレッチャーが通れない」「身体が重くて外に運び出すことができない」など、住環境や介助する家族の事情などから「外出できない」と思ってしまうこともあると思います。「外に行きたい」というご本人の思いや、ご家族の「連れて行ってあげたい」という気持ちがあれば、あとは民間救急事業所に依頼するだけです。

民間救急事業者は、寝たきりの方を移送するプロフェッショナル

普段ストレッチャーで転院搬送などを手がける民間救急事業者は、寝たきりの方の外出も引き受けてくれます。ちょっとして公園までの外出~思い出の場所まで。中には旅行まで計画してくれる事業者もいます。外出にかけての手配や、看護師などの手配など、もしもの時に備えての計画は一通り対応してくれるので、相談してみると、こんな事もできるんだ〜とビックリする事あるでしょう。

外に出るために必要なのは「チームワーク」

民間救急の搬送看護師紹介

動けない方や、医療依存度が高い方の外出は、簡単なことではありませんので、訪問看護師などのサポートをお願いすると良いでしょう。民間救急事業者では、契約の看護師がいたり、常駐しているところもあります。外出後にどんなリスクが考えられるのか、専門家の視点でさまざまな検討を重ね、準備する必要があるので、訪問ヘルパーや訪問看護師、主治医などに相談しましょう

民間救急の外出にかかる費用

民間救急の外出にかかる費用は距離や時間によって設定されており、見積もり価格についても各事業所によって様々です。搬送に関わる手間、大変さで価格雨を変えており、見積もりという形で回答されます。

民間救急の外出参考価格として

1時間4750円
1km当たり300~500円X実際の距離

上記にストレッチャー貸出代金 5~6,000円がプラスされます。

概算の目安にしてください。※どれくらい費用がかかるのかなど事前にシッカリ確認することが、一番重要です。

東京都では区によって寝台タクシー券の補助が出ます

東京都では区によって寝台タクシー券の補助が出ます。費用負担の軽減になるので、事前にお問い合わせをオススメいたします。

杉並区、中野区、大田区、目黒区など・・

お住いの地域の福祉事務所に問い合わせてみると良いでしょう

寝たきりの人でも、いざというときのためにも「外出手段」の確保を

寝たきりの方の外出 在宅介護 支援 民間救急事業所

普段寝たきりの方や人工呼吸器を付けている方は、「こんな姿で外出なんて…」というためらいもあるかもしれません。もちろんそのような気持ちへの配慮は必要ですが、実際に外に出てみるとためらいより嬉しさや楽しさが勝って、イキイキとする方が多いように思います。一度外出すると「また行きたい」と積極的になる方がほとんどで、定期的な外出が定着したり、行動範囲が広がったりすることにもつながっているようです。

勇気を出して外に出れば、きっと何かが変わるかも

寝たきりの方の外出支援はシッカリ訓練を受けた民間救急事業所へ依頼することで、こんなこと簡単にできるんだ!ときっと驚くでしょう当サイトにて、お住いの地域の民間救急事業者を探してください

オススメ民間救急事業者の紹介

当サイトは東京都の民間救急事業者を独自に調査し、車内装備や担当ドライバー乗務員の品質などを見極めご紹介しています。
東京都出発〜全国 全国〜東京都着、の長距離患者移送など、適正費用で高品質な事業者を数社ご紹介いたします。

 



 

関連記事

  1. 救急の帰り

    増え続ける救急車の要望 救急出場件数が過去最多

  2. 民間救急車搬送

    寝たきり病人長距離搬送 重篤患者を民間救急車で移送する

  3. 特別養護老人ホームなど介護施設において民間救急をうまく活用する方法

    特別養護老人ホームなど介護施設において民間救急をうまく活用する方法

  4. 老人ホーム転設

    遠距離介護の解消 近くの老人ホームへ転設

  5. 看護サマリー

    現役看護師が語る 看護サマリーに描かれている真実

  6. 救急外来の看護師の仕事や、救急に来る患者さまの特徴など、現役看護師が解…

PAGE TOP
翻訳Translate »